たかさき雷舞フェスティバル2022の混雑状況や屋台は?日程や見どころについて紹介!

スポンサーリンク

 

今回も当サイトへ訪問ありがとうございます。

皆さんは、毎年10月中旬になると群馬県高崎市で行われるイベント「たかさき雷舞フェスティバル」をご存じでしょうか?

イベント名に「雷」というワードがあるので、もしかすると激しく力強い祭りなのでは?と想像する方もいるかもしれませんね。

その名前の通り、フェスティバルの中では「雷のように激しく舞う」というコンセプトが含まれた舞が披露されるみたいですよ!

なので、たかさき雷舞フェスティバル2022について屋台や混雑など、そして日程や一体どんな祭りなのか、詳しく調べてみました!

ぜひお出かけを考えている方は最後までゆっくりとご覧になってください。

スポンサーリンク

 

たかさき雷舞フェスティバル2022の日程はいつ?

まずは気になるたかさき雷舞フェスティバル2022の日程ですが、今年は10月9日(日)に行われるそうです。

例年10月に開催されているそうで、今年もその時期に行われる様ですね。

2020年は、世界的な社会問題によりイベントは中止になり、去年も台風の影響で開催できなかったそうです

ですが、今年は開催できるそうなので、楽しみにしている方もきっと多いのではないでしょうか。

 

たかさき雷舞フェスティバル2022の見どころは?

続いて見どころについて紹介していきたいと思います。

本来このイベントには、「雷のように激しく舞う」という意味と、ライブの迫力を感じてほしいという二つの意味が込められている祭りだそうです。

フェスティバルの名前からも、力強さを感じますね!

何といってもその見どころは、市内はもちろん県外からも参加をしている演舞者による、ダンスパフォーマンスではないでしょうか?

このダンスパフォーマンスは「雷舞」と呼ばれていて、”よさこい踊り”に高崎の特色を取り入れた、オリジナルの踊りになっているそうです。

かなり迫力のあるステージの様で、地元の方によると、その迫力は秋の肌寒さをも吹き飛ばす程だそうですよ。

そしてダンスパフォーマンスに使用される音楽は、なんと生のLIVEとして披露されるそうです。

なので、舞の力強さだけでなく、音楽の迫力にもまた感動をもらえそうですよね。

また、舞の中には地域に縁のある「八木節」などの民謡をアレンジし、手にはそれぞれ「鳴子」を持ちながら、思い思いの衣装を身に纏い、舞い踊るそうです。

ちなみにこの「鳴子」は、高崎名物の縁起だるまにちなみ、だるまの形をかたどっているそうですよ。そんな「鳴子」の形にもぜひ注目していきたいですね!

 

スポンサーリンク

 

たかさき雷舞フェスティバル2022の参加人数は?

迫力のあるダンスパフォーマンスを披露される事で有名な「たかさき雷舞フェスティバル」。

一体どれくらいの人数の演舞者が参加しているのでしょうか?

その気になるパフォーマーの規模ですが、高崎市内から34団体、人数にするとおよそ800名が参加しているそうです。

また、高崎市内の子ども達も参加するそうで、その可愛らしさからは想像する事の出来ない迫力のある演舞を毎年披露してくれます。

そんな熱のこもったパフォーマンスをぜひ一度見てみたいものですね!

 

たかさき雷舞フェスティバル2022の屋台はあるの?

そんな熱いパフォーマンスを披露してくれる事で有名な「たかさき雷舞フェスティバル」。

どうせなら、祭りの雰囲気を楽しむだけでなく、お腹も満たしていきたいですよね!という事で、屋台情報についても調べてみました!

過去の情報を見てみると、メイン会場には高崎市内の人気店が出店する「びすとろ雷舞」が登場していたそうです。

「びすとろ雷舞」とは一体何でしょうか?こちらについて調べてみました!

どうやら複数の市内のお店が、イベント当日に特別に料理を出店しているみたいで過去に「びすとろ雷舞」として出店していたお店の、メニューの一部を紹介します。

 

・塊肉の焼きチーズカレー

・和豚もちぶたのスモーキーリブ

・焼きそば

・黒ウーロン茶

 

こちらのメニューは「Gru」という市内のお店から出店されたそうです!

過去には、他にも数々のお店が出店に参加していたそうなので、当日はイベントだけでなく、美味しい食べ物にも期待できそうですよね!

 

スポンサーリンク

 

たかさき雷舞フェスティバル2022の混雑状況は?

例年その迫力のあるパフォーマンスで注目を集めるイベント「たかさき雷舞フェスティバル」。

きっと多くの地域の方が毎年来場していたのではないか?と考えられますが、当日の混雑状況はどうなのでしょうか?

なので、気になって調べてみました!

過去の来場者数について調べてみたところ、約15000人もの観客が集まった時期があったそうです。

来場者数も多い事は予想されますが、パフォーマーの方の人数も多いので、会場はかなり賑わいを感じそうな雰囲気ではありますね。

ただ最近は世界的な社会問題の影響により中止となり、去年は台風の影響により残念ながら開催できなかったりと、なかなかイベントを楽しむ機会がありませんでした。

が、そんな様々なトラブルを乗り越え、今年は無事開催できるという事で、来場者数もかなり多くなる事が予想されます。

せっかくのイベントへの参加も、混雑によるトラブルが起こるのは避けたい所ですよね。

なので、当日は早めの出発を心がけ、スムーズに行動できたらいいと思います。

 

たかさき雷舞フェスティバル2022のまとめ

さてここまでご覧いただきありがとうございます。

今回は群馬県高崎市で行われるイベント「たかさき雷舞フェスティバル」について紹介してきました。

「雷のように激しく舞う」という意味が込められた、圧倒的な力強さを感じさせる祭り「たかさき雷舞フェスティバル」。

演舞者が披露するその舞に込められた思いが多くの方に伝わり、きっと高崎市民の方だけでなく、全国の方に感動を与えるものになると思います。

また、イベントでは様々な出店が出店される様なので、イベントも楽しみながら、食欲の秋ならではのお腹も満たされる一日となりそうですね!

群馬県に遊びに行く機会がある際は、ぜひイベントに足を運んでみてはいかがでしょうか?

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)